スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間生まれながらにry

人間、生まれながらに持った運の量は同じ、と言う考えがありますが、うまれてきた時点で考えると納得がいかない部分があります。

生まれてきて即死亡した場合。その人間の運が本当に良かったかのだろうか?

「全ての人間が仮に1万年生きたとして、その1万年間の間の運を比較すると平均的だ。」と言うのであればその可能性は高いです。しかし人は1万年も生きれるものじゃないし、運というのは確率の偏りであって、その瞬間、自分にとって良いか、悪いかという主観的なものなので、そもそも数うちゃ当たる理論は運という概念の根本を否定してます。

もしも1万年生きたら~なんてのは運が良い人間の慰めか、運の悪い人間の自己防衛でしかないと思うわけです。

用は、運は顔や、頭の良さ、体のスペックと同じで生まれながらに不平等に決められたパラメーターの一つだと僕は考えます。

だからと言って全て運のせいにして仕方ない、と考えるのはただの子供です。

努力家が天才に勝てる道理なんてものはありませんが、同スペックを持つ物同士なら当然努力したほうに軍旗が上がるでしょう。


スポンサーサイト

グリザイアの迷宮

昨日、店長の気まぐれで1日だけテリタマを先行発売する、ということが在ったのですが、勿論作り方なんて知るわけもなく、目の前に得体の知れないものが流されてきて完全に固まってました。

作れなくて固まってるからといって先輩に怒られたとかは全くなかったけど、多少なれて来てみんなに「動きよくなってきたね」といわれることが多かったからか、何も出来ない惨めな思いを久々に感じて気分は最悪です・へ・


さて、本題ですが迷宮の過去偏をしました。
果実はまだ3人しか攻略してないんですけど、過去偏ならまぁいいよね?って事で先にやったんですが、まぁ大体想像通り。

天才を兄弟に持つものは末路は大抵良い物ではないと相場は決まってますが、全く救われない話です。


姉が変態天才少女→生死不明
母が依存厨のアホ→自殺
父が人間の屑→殺害

雄二は自分が殺したと思ってるが、母親のめったざし☆によって死亡したかもしれないし、特に死因は語られていないことから、「親殺し」かどうかは不明。しかし直接致命傷に至らなかったとしても、間接的にはかかわっているため殺人未遂であることは明白。

一姫は一応死亡した、となっているが恐らくあの時点では死亡していない可能性が高い。楽園のHPを見ても新キャラが居ない辺り、地下室の彼女=一姫である可能性はあるが確証はない。

理由としては、いくら飢えたライオンのような状態とはいえ相手は人間。一応日本語が通じるのだからうまく丸め込んで多少の時間稼ぎは出来る可能性が高い。
一応刃物も持っていたし、殺したか、逃走したか。
分からないのは弱っていたのにそんな体力が何処にあったかだが、ニンジンやビーフジャーキーを奪ったのが一姫で、その他にも何度かやっていたとしたら多少は持つだろうし、天音が脱出後の捜索によって道を割り出して逃げ出した可能性もある

その場では死なず逃げ出せたが、その後何らかの事情で既に死んでいる可能性、は否定できないが、生きてるほうが展開的に面白いから生きてると思うw
物語は面白いほうに事を運びたがるんだから、生きてるほうが面白いのに死んでるわけがない()

まぁでもその事は迷宮終了段階の雄二には分からないのでこの際置いておく

雄二の人生まとめ

天才の姉と比較され周囲から冷ややかな目線で見られ続ける
姉の事故死から家庭崩壊。
親殺しをした挙句家族全滅。

変態テロリストに拾われ陵辱プレイさせられた上、変態のキャクに殴られる

イラット来たから殺害すると今度は変態がテロリストにより殺人装置改造計画が発動し、テロリストの手先へ

任務をこなしてる間に精神的に潰れて廃人化

保護、されたが保護した先がまたもろくでもない様な集団。

人間不信、近寄って好きになった人間はみんな死ぬという思い込みから、人を避けるようになっていたがもう一度この人を信じてみようと信じるが結局は死ぬ

しかし、前に進まないと何も変わらないと考えて師匠の後を継ぎ、「掃除屋」になる



こんな所か。
まぁ、その道に入ってしまった以上、鬼の手から逃げたところで人の世界には返れないとまぁそういうことでしょう。

人の子は鬼に見つかって、育てられ、鬼の子になりました。
鬼の子は悪魔によって救出され、悪魔の手先に代わりました

鬼から悪魔に変わっただけで、なんら大差ないですね・_・


とりあえず感想?考察?はこんな所です


細かい所で考えたことを一々上げていては3日ぐらい書き続ける羽目になるので、この程度で割愛。

楽園が気になる感じに終わってくれて、不完全燃焼ではありますが、商売としては実にうまいく、汚いやり方だと思います



カニバリズム

人にはそれぞれ趣味、思考がある。

それは人それぞれ違うものだし、勿論自分と違う考えを持つ人は存在する

そういった人を頭ごなしに否定する人間は多く居るが僕は割りとそういうことには理解がある人間だと思ってます


まぁ、理解しても納得していないので、認めても、同意はしてないんですがね?


しかし数は少ないですが全く理解できないものがある。

その一つがカニバリズムです。

人食。

人が人を食うと言ったのは映画などでは割と見かける光景。
とはいえ完全な創作ではなく昔はそう珍しい話でもなかったとか

食べなければ死ぬ。そんな状況下に置かれた事が無いので実際その時僕がどのような行動を取るか分かりませんが、今現在で考えるならば、全く理解ができないです・へ・

単純に気持ち悪い、そういう感じですね。


人が気持ち悪い、と感じるのには必ず何かしらの理由がありますが、この事に関しては全く分かりません。禁忌だから?人としての一線を越えている?と考えるのが一般的だとは思いますが、他の禁忌である、殺人や近視相姦といったことにはそれなりの理解があります。

勿論殺しの趣味も、マザコンでもありません。シスコンですが二次元限定なのでこれも置いておきましょう・へ・

仮に友人が殺人犯であろうと近視相姦上等の変態やろうで在ろうと自分に直接害が無いのなら、それなりの理解は示すと思いますが、もし友人が行き成り「人の肉食った^^」
と言えば間違いがいなく吐くし、それ以降まともに口を利くことができると思いません

そこまで嫌なのだから何かしら理由は存在すると思うのですが、先ほどから2時間考えた結果今でもやはり

「気持ち悪い」以外の理由が分かりませんね・へ・

もうこれはアホっぽいですが、生理的に受け付けないって奴ですかね

天音

天音のルート終わりました。

やっぱりこの作品面白いですね。話も構成も勿論いいのです他にも、雄二の考えや、時より出てくる「姉の言葉」「師匠の言葉」にも感心させられたり同意できることが多いです。


さて、本題ですが


天音のルートは以前友人に8割以上説明を聞いていたので今更特に話の内容について思うことがあるわけではないのですが、僕にとってグリザイアをやるきっかけになったルートでもあるのでそれなりの思いれはありますw


しかし、この話しってる上でみても実に憂鬱な話。

マイクロバスに乗ったバスケ部一同が夏合宿の帰りに事故にあい、救援を待ちながらサバイバル生活を送ると言ったもの。


こういう設定になるといつも思うのが自分ならどう動くか。
大抵の人が無意識のうちに考える事だと思います。

そうですね自分の場合


・負傷者が居る
・自分に発言権が少ない
・救援の見込みが低い
・周りは樹海と言いたくなるような森に囲まれている
・食料に何がある
・自分は無傷、もしくは軽症

この条件なら初日に森へ行きます。

別に森を舐めているわけではありません。それが最も生存率が高いと思うからですね。
ドラマやアニメじゃなくても死の危険が迫ったとき自分のことしか考えられなくなり、全てを犠牲にしてでも生きることを優先するのはもはや生き物としての当たり前の行動。
人の肉を食べるとか言う猟奇じみた発想になるかは別としても、こいつを殺して食料を奪う程度の発想になってもなんら不思議ではありませんし、そもそも現状維持をしていて助かる見込みが低いならとりあえず一歩踏み出すほうがマシだと自分は考えます

「何もせずに死ぬ」よりは「やってみたけど死んだ」方がマシだと思うんです。仮に動いたせいで死んだとしてもそっちの方が生存率が高かったならば、運が悪かったとあきらめるしかないですね。


咲sakiで部長がのどかに言った「貴方はたった1回の人生でも、論理と計算で生きていくの?」

答えは難しいですがこういう場合はyesです。
自分の場合悪い待ちにするよりいい待ちを選びますね。
ゲームの主人公であれば悪い待ちを選ぶこともやぶさかではありませんが俺はただの人間ですし

結局のところなるようにしかならない、それならば少しでも可能性が高い道を選ぶ

そういった感じです・へ・

グリザイアの果実

前から相当気になっていた作品。

PSP移植されるとの話は前から聞いていたのですが、完全に忘れてました。

ただ、たまたまゲームが欲しいと思っていたところ、ちょうど発売から1週間もたっていないところで見かけたので買った限りであります中位殿!



エロゲーって言っても別にエロイのどうでもいいわ^^

とか思ってたけど、やっぱりエロイのは重要な気がした限りであります。
まず、そういう風に作っている作風なのにそれが抜けてるのに対して果てしない違和感を感じる

この点ですね。


しかし、ルートを重ねていくにつれてなにこのヤリ○ン^^;
と思ってしまうのも事実。そういう意味ではやっぱいらないわ・・・。

と思うけど結局のところやってるかやってないかではなく引っ付いた時点でアウトな気はするよね
なのでまぁ仕方ないよね

男の子だもの

?へ?




さて、どうでもいい前置きは置いておいて。


早速プレイしたので感想を。

とはいえはっきり言って周囲の評価と余り変わりません。
まぁまだマキナ√だけですが....


・シモネタが多い
・ENDがポジティブに鬱
・共通ルートがやたら長い
・伏線がすべて回収されていない
・選択肢=分岐点が少ない


まぁこんな所でしょう。

シモネタが多いのは別に気にしないし、ENDが鬱なのもトゥールエンドとしてはそれなりにある話し。
共通は確かに長いけどルート入ってからが極端に短いと言うわけではなかったので、むしろお得感すらあります。

問題は伏線を回収していないところ。これは俺の性格上、結構きつい部分があります。まぁ続編を出す前提で作られている場合、差ほど珍しいことでもないですが、伏線張ったならせめて表側は回収しろ!!と思うけどそううまくいきませんね

最後に分岐点が少ない。これは驚きました。√に入る選択肢が1つしかないんですよね。つまり、後ろのほうで分岐するキャラまではひたすら攻略難度が低い奴のフラグへし折るって言うアレ


今のところ総合的に見てかった価値はあったなって言う判断です



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。