スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

視線移動とジャンケンのプレイング

まぁ強い人からすれば当たり前のことかもしれないけど


とりあえずDMでも使えますが、VGだとすごく強い。

手札パチパチされるとカードの位置がわからなくなりますが、されなければドライブチェックでめくれたカードの位置がわかります。でも、これ意外と目で追ってる、もしくは右から左に動かしてるか左から右かを覚えておけば音で位置がわかる。

でもこっちがしょっちゅう相手の手の動き追ってたらすごく怪しいし、流石に気がつかれる。そこで相手の手札パチパチを阻止しながら相手に気づかれない魔法の言葉

『手札何枚ですか?』

相手の視点はこちらではなく確実に手札のカードへと向かいます。こっちの目線が何処を向いていてもよっぽど相手が視線に敏感、もしくは片目で相手の方を見て片目でカードを見るという、お前なにものなんだよ^^って言いたくなるような技術を持っていない限りは相手の方を見ながら数えるのは不可能


ハンドが把握できるってほどカードゲームで強いものは無い。

これの応用でオラクルシンクタンクのバインドでカンガ飛ばせばめっちゃ強いって思ったので1枚入れました。試しましたが簡単に飛ばせました・へ・
相手が運が悪いーみたいに言ってたけど、ちゃんと選んでますよっていうねw
ま、言わないけど


一番初めは単に『バインド☆彡』ってやりたかっただけだったけど意外と強い。まぁ11000なら文句なしだったんですけど、実質10000なんで満月増やすか、メテオブレイクの方が安定してはいますね。



ジャンケンのプレイング

これは慣れですが、グーを出す人間が割とおおいいです。
そしてこれは情報封鎖しますが、握手をした時にパーを出すタイプかグーを出すタイプかはある理由で判断できて、だいたい9割は当たります。チョキは読めないので、チョキ出されたらぶっちゃけ諦めます。でも最低アイコには持っていけるんで。


後はCSや大型、まぁDLでも近くの席の人と当たるので周りのジャンケンで出す手を見ておきますね。特に意識していなければ、ほぼ確実に固定の手を出してきます。なので先攻後攻は割と自由に選べます

ジャンケンっていうのは、カードプレイヤーなら頻繁にするもので、もはや癖の範囲です。癖は意識して変えなければ、そう簡単には治りません

なので自分では色々出してるつもりでも圧倒的に出している手の割合が1つに集中します


まぁこんなとこかな
だいたい強い人はこの程度絶対知ってるだろうしやってそうだけど。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。