スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

必要な人間、世界は狭い

あぁもう一つ言いたいこと思い出しました。
言いたいことと書いてますが正直誰に言いたいかはわかりません。
というかただの書き溜めです。いつかこのブログを自分で見返した時というのが大きいかな。



唐突ですが、自分は世の中には必要な人間と不必要な人間が居ると考えています。

ぱっと一般人が思いつきそうな不要な人間と言えば犯罪者とかでしょう。
ですが僕の場合もっと範囲が広いです。

この世界に大きな変革をもたらす人間以外は全員不要です。
通行人A程度の価値があるでしょうが、所詮その程度です。

無論生まれている以上、途中で死んでいいというわけではありませんが。

世界とは狭いもので人を10人間に入れれば世界中の人と知り合いになるらしいです。
という事は、一人の人が死に、家族が悲しみネガティブになる。

そのネガティブな家族が、友達にネガティブなまま接するとその友達も負の感情を抱え込む。
そうすることで世界全体に負の感情が流れていくと言うのはあながち的外れな推察ではないと思うんです。

つまり人の死一つで世界は暗い方向へ行く、逆に命の誕生等の感情が流れば明るくなります。
そうして中和されているんだと思うんですよ。

ですが、言ってしまえば所詮人一人なんです。これは大規模に今言った範囲の人間が消えれば負の感情が世界中を取り巻くでしょうが、一人程度では中和の対象でしかないのです

そんな人間一人に価値があるとは思えないのです。
無論人に自分の価値観を押し付けるつもりはないですし、そういう目で人を見ません


見ているのは自分だけです。



言い訳と言われればそれまでですが詰まるところ僕はそれが理由で本気で何かをやるのが怖いんです。

限界を知るのが怖いんです。
死にたくなるから。
生きたいのに死にたくなるのが。
自分に価値がないことを知るのがどれだけ怖い事か。

出来損ないのオールラウンダーなんて物になってしまったのはここが原因でしょうね
昔から飲み込みは割と早く、何をやってもそれなりにはできます
逆にそれなり以上にはなぜかなりません。
そりゃ当たり前です。自分で自分の可能性を潰してるのにそれなり以上になる訳がない。

だけどこれは仕方がない。
僕にとって僕の価値と言うのは自分を中心に地球を回せるかどうかです
いくら考え方の視野を広げようと、俺はほかの人には慣れません。
考えてることをいくら読めても、所詮想像でしかないです

相手がなんでわかるの!?っと言ったところで、それが事実だとも限りません。
結局客観的風な意見を想像できても、最終的には主観的な考え方しかできないものだし
自分の『目』で見える範囲しか見えません。
故に自分中心に世界を回すか、通行人Aと割り切るしか無いんです。

世界を自分中心に回すというのはそれだけの能力が必要なんです。
天才である必要が。
何かの才のがある必要が。

世界は自分中心に回っていると考えているのは馬鹿です。頭悪いです
回るんじゃなくて回すんですよ己が力で

キチガイなのは認めます。
明らかに一般的思考を一脱している自覚ありますしね。

しかしこの結果はやる前からおそらく決まっているのです。


これが俺の、謎の死にたがりというかの正体だと最近気が付きました。

いや、マテゴ読んでよかったなー。
主人公とはずいぶん違う原因でしたがね

せめてマテゴの主人公を見習ってポジティブに死ぬことを目指します!


精々死ぬその時までは何かを努力するとしますよ。
それがこの世界に生まれた凡人=通行人Aの人生なんですから。






ps


ここで格好良く決めておきたいところですが僕はラノベの主人公や、その親友あたりのポジションには向かないようです
更に言ってしまえば通行人Aよりザコ敵Aがむいているようですね。

まだ試してませんし、限界に挑戦してみてから決めるとします。
いいんですよもう。怠けてしぬなら何もできずに死ぬよりひどいですしね。
せめてその根性だけは腐らずに行きたいのですよ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。