スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリザイアの果実

前から相当気になっていた作品。

PSP移植されるとの話は前から聞いていたのですが、完全に忘れてました。

ただ、たまたまゲームが欲しいと思っていたところ、ちょうど発売から1週間もたっていないところで見かけたので買った限りであります中位殿!



エロゲーって言っても別にエロイのどうでもいいわ^^

とか思ってたけど、やっぱりエロイのは重要な気がした限りであります。
まず、そういう風に作っている作風なのにそれが抜けてるのに対して果てしない違和感を感じる

この点ですね。


しかし、ルートを重ねていくにつれてなにこのヤリ○ン^^;
と思ってしまうのも事実。そういう意味ではやっぱいらないわ・・・。

と思うけど結局のところやってるかやってないかではなく引っ付いた時点でアウトな気はするよね
なのでまぁ仕方ないよね

男の子だもの

?へ?




さて、どうでもいい前置きは置いておいて。


早速プレイしたので感想を。

とはいえはっきり言って周囲の評価と余り変わりません。
まぁまだマキナ√だけですが....


・シモネタが多い
・ENDがポジティブに鬱
・共通ルートがやたら長い
・伏線がすべて回収されていない
・選択肢=分岐点が少ない


まぁこんな所でしょう。

シモネタが多いのは別に気にしないし、ENDが鬱なのもトゥールエンドとしてはそれなりにある話し。
共通は確かに長いけどルート入ってからが極端に短いと言うわけではなかったので、むしろお得感すらあります。

問題は伏線を回収していないところ。これは俺の性格上、結構きつい部分があります。まぁ続編を出す前提で作られている場合、差ほど珍しいことでもないですが、伏線張ったならせめて表側は回収しろ!!と思うけどそううまくいきませんね

最後に分岐点が少ない。これは驚きました。√に入る選択肢が1つしかないんですよね。つまり、後ろのほうで分岐するキャラまではひたすら攻略難度が低い奴のフラグへし折るって言うアレ


今のところ総合的に見てかった価値はあったなって言う判断です



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。