スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間生まれながらにry

人間、生まれながらに持った運の量は同じ、と言う考えがありますが、うまれてきた時点で考えると納得がいかない部分があります。

生まれてきて即死亡した場合。その人間の運が本当に良かったかのだろうか?

「全ての人間が仮に1万年生きたとして、その1万年間の間の運を比較すると平均的だ。」と言うのであればその可能性は高いです。しかし人は1万年も生きれるものじゃないし、運というのは確率の偏りであって、その瞬間、自分にとって良いか、悪いかという主観的なものなので、そもそも数うちゃ当たる理論は運という概念の根本を否定してます。

もしも1万年生きたら~なんてのは運が良い人間の慰めか、運の悪い人間の自己防衛でしかないと思うわけです。

用は、運は顔や、頭の良さ、体のスペックと同じで生まれながらに不平等に決められたパラメーターの一つだと僕は考えます。

だからと言って全て運のせいにして仕方ない、と考えるのはただの子供です。

努力家が天才に勝てる道理なんてものはありませんが、同スペックを持つ物同士なら当然努力したほうに軍旗が上がるでしょう。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。