スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろ考えた結果

僕はよく勘違いされるので言っておきます。
昔からみんなに

・あいつ運のせいにばっかりしてる。
・そんなにトリガーで負けるのがいやならカードやめればいい
・トップ○○されて負けたとか言っってる人は進歩しない


とか言われますけど。言い訳してないです。敗因かいてるだけで何でそういわれるのか意味がわからん・・・。


僕は

勝てる人が強いんじゃなくて、勝った人が強い。
故に負ける人が弱いのではなくて負けたから弱いんだと思っています。

言葉遊び見たいな感じではありますが、どう違うのかというと

勝てる人って言うのは調整時点で何度も戦って勝率が高い人です
勝ったった人って言うのは、結果を残した人です

だから負ける人が弱いんではなく、負けたからその人は弱いんです。


敗因がどんな理由であれ「負けた」事実は変わらないし、言い訳する意味なんてまったくないです。

だから俺は謙遜とかなしにいつも弱いって言ってるし、言い訳するつもりもないです

それなのにみんなが叩いてくるから言い返してるだけです。幼稚なんでね。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。